すっぴん美人になる方法~すっぴん美肌の作り方~
すっぴん美人になる方法~すっぴん美肌の作り方~ » もう濃い化粧はしたくない!すっぴん風メイクを極めよう » 薄盛りアイメイク

薄盛りアイメイク

シンプルなのに印象的な目元が作れると、いま人気の薄盛りアイメイク。アイメイクがビシッと決まると、メイクもまとまります。ぜひチャレンジを!

印象的な目元になれるすっぴんメイクとは

印象的な目元になれるすっぴんメイクとは

フルメイクをしなくても、目元をつくるだけで、顔の印象は変わります。だからといって、目力バッチリのメイクに抵抗のある人も多いのでは?

そこでおすすめなのが、シンプルなのに印象的な目元がつくれる薄盛りアイメイクです。そのポイントを紹介します。

アイシャドウ

  • 二重の幅よりも少し広め(目の縁から眉までの間の半分くらい)に、アイシャドウベースを塗ります。
  • 二重の幅よりも少し狭く(目の縁から眉までの間1/3くらい)に、ラインを引くようにブラウン系のアイシャドウを塗ります。ラメが強いものや赤味の強いものは避けたほうがいいでしょう。
  • ベージュのアイシャドウをアイホールに塗り、目元に引いたアイシャドウとなじませます。

アイライン

  • 目の縁に、細くアイラインを引きます。まつ毛の根本を埋めるようにラインを入れてから、目の縁にラインを引いていくのがポイントです。目尻は少し長めに引き、端を少し上げて描きます。

マスカラ

  • まつ毛をビューラーで軽く上げた後、マスカラ専用のベース→マスカラの順につけていきます。力を抜いて、つけすぎないように注意しましょう。

すっぴん風アイメイクにおすすめのアイテム

MiMCビオモイスチュアシャドー画像

MiMC(エムアイエムシー)/3,800円

ミネラルパウダー、天然色素、植物美容成分だけを使用。オリーブスクワランをベースにし、アサイヤシ果実油やローズヒップ油、キウイ、ラズベリーなどのモイスト&ビューティーフルーツオイルをカラー別に配合。カラーバリエーションは8種類。

ラブライナー画像

ラブライナー ペンシルエクストラスムース/1,600円

高級保湿成分を配合し、メイクしながらスキンケアができる、やさしさにこだわったペンシルタイプのアイライナー。リッチブラックとノーブルブラウンの2色。

カネボウアイシャドウ画像

サンドナチュラルアイズ/5,000円

砂の風景を思わせる4色1トーンで構成されたアイシャドウ。
カラーバリエーションは4種類。

 

一重や奥二重さん向け!アイラインを引かないすっぴん風アイメイク

一重や奥二重の方は、ぱっちり大きな目を演出するには、アイラインを太く、長く引きがちです。しかし、ついにメイクが濃くなってしまいます…実は、アイラインを引かなくても、すっぴん風のデカ目アイメイクが実現できるのです。ノーアイラインでもぱっちり目の作り方を紹介しますので、参考にしてみてください。

明るい色のアイシャドウをのせる
暖色系の色と明るい色、いわゆる膨張色をまぶたにのせると広く見えるので、デカ目効果があります。また、若々しい印象にもなります。さらに、下まぶたに明るい色で涙袋を作ると、可愛いらしい目元を作れます。

マスカラをしっかり塗りましょう
マスカラを丁寧に塗ることによって、まつ毛をしっかりカールさせると、長さと拡張効果で目がぱっちりに見えます。さらにマスカラを塗る前に、下地を使うとまつ毛の形を長くキープできますので、おすすめです。

一重や奥二重を生かしたデカ目メイクを紹介しました。しかし、どうしても二重が可愛いと思っている方も少なくないでしょう。アイプチやメザイクなどを使用すると、それを隠すためにアイメイクが濃くなってしまったり、不自然になってしまったりします。すっぴん風アイメイクの実現も難しいでしょう。
また、肌への負荷は避けられません。腫れてしまったり、かぶれてしまったりする可能性があります。さらに、アイプチを長く使うことで、まぶたの皮が伸びてしまうリスクもあるのです。

もっとナチュラルメイクを楽しみたいなら、思い切って二重整形を受けることをおすすめします。最近の二重整形は、施術費がわずか数万円という、気軽に受けることができる美容整形となっています。また、二重整形を受けられる医療機関もたくさんありますが、安易に決めず、技術力が高い医師が在籍し、信頼できるクリニックを探すことが大事です。下記のサイトでは、東京で信頼できる二重整形を受けられるクリニックを紹介していますので、目の整形を考えている方は是非参考にしてみてください。

東京エリアの二重整形でおすすめの名医がいるクリニック

この記事の関連のページ

pagetop