すっぴん美人になる方法~すっぴん美肌の作り方~
すっぴん美人になる方法~すっぴん美肌の作り方~ » 年代別 あなたが目指すべきすっぴん美人は? » 50代のすっぴんスキンケア

50代のすっぴんスキンケア

肌の悩みがますます深刻になる50代。すっぴん美肌になるために、肌トラブルの原因や対策、適切なケアについて紹介しています。

スキンケアの差が出る50代の肌

50代代表ちかこさん

これまでどのようなスキンケアをしていたかの差が確実に現れてくると50代。閉経によって女性ホルモンも減り、肌にもさまざまな影響をおよぼします。

ターンオーバーも年々遅くなり、セラミドやアミノ酸が減少することによって乾燥も急激にすすみます。50代では、肌の水分保持成分が20代の半分以下に減少するともいわれています。

皮脂の分泌量も大きく減ります。20代の頃は95%の活性酸素を分解できていたものが、50代になるとその半分の50%ほどしか分解できなくなるなど、活性酸素を分解する力も弱くなっていきます。こうした肌状況によって、たるみやしわ、しみ、くすみなどの悩みもかなり深刻になっていきます。

50代の肌の敵!ホルモンバランスと乾燥と紫外線を対策

すっぴん美肌の50代になるために、肌トラブルの原因や対策について知っておきましょう。また、スキンケアについても解説しています。

ホルモン対策

加齢によって、女性ホルモンは40代前後から減少し、体内には急激な変化が訪れます。これにより、しわやたるみなどの肌トラブルが引き起こされるのです。

特に、寝不足や生活習慣の乱れ、ストレスのため込みなどは、肌トラブルを悪化させるので注意が必要。

対策としては、コラーゲンやビタミンC誘導体、アミノ酸、ヒアルロン酸が配合されたスキンケア化粧品を使用するのがおすすめです。

併せて、納豆や豆腐など大豆イソフラボンを多く含む食材を摂ることで、ホルモンが安定することも。ビタミンB1を含む豚肉やたらこ、B2・B6などを含むレバーも積極的に摂取するようにしましょう。

また、50代前後のホルモンバランスの乱れは、肌のみならず、日常生活すらままならない体調不良を引き起こすこともあります。その場合には、迷わず婦人科を受診することをおすすめします。

乾燥対策

乾燥はしわの主な原因になり、しわはたるみを引き起こします。加齢によって肌の水分量や皮脂量が減少すると、肌が危機感を覚えて角質細胞を増やします。これによって角質層は厚みを増し硬くなり、肌のキメが乱れて出来た隙間がしわになるのです。

スキンケアでは、保湿力の高いヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの成分を配合した化粧品で乾燥対策を行いましょう。スキンケア化粧品を選ぶ際は、値段や知名度だけで選ぶのではなく、しわなどに効果的な成分が配合されているかどうか、チェックしてみてください。

紫外線対策

日光による紫外線は、しみの原因になります。50代の場合は、何年も前から蓄積され、皮膚の奥深くに潜んでいた肌トラブルの原因がしみとなり、拡大してしまうこともあります。

そのため、日傘、帽子、日焼け止めなどの紫外線対策グッズは欠かせません。紫外線は一年中発生しているので、日焼け止めは毎日こまめに塗ってください。特に、5月~9月は紫外線が強い時期なので注意しましょう。

ちなみに、タバコを吸うと活性酸素が増えるので、細胞膜を老化させてしみやしわなどの原因になります。そのほか、活性酸素は肌の弾力をキープするエラスチンを分解してしまうため、たるみの原因にもなるのです。そのため、お肌の悩みを解決したいなら、禁煙したほうが良さそうです。

しみを改善させたいならビタミンC誘導体ハイドロキノン、予防にはビタミンC誘導体プラセンタなどを配合したスキンケア化粧品を選ぶようにしましょう。

この記事の関連のページ

pagetop