すっぴん美人になる方法~すっぴん美肌の作り方~
すっぴん美人になる方法~すっぴん美肌の作り方~ » 年代別 あなたが目指すべきすっぴん美人は? » 30代のすっぴんスキンケア

30代のすっぴんスキンケア

30代の肌の特徴とスキンケアのポイントをまとめてみました。肌の変化が気になりだしたら、すっぴん美肌のためのスキンケアをはじめましょう!

すっぴん肌の変化を感じ始める30代

30代代表かおりさん&かなさん

30代になると、しみ、しわ、たるみ、くすみ、毛穴などが気になってくる人が増えてくるようです。

まず、加齢によって、コラーゲンが減少したり、顔の筋力が低下することによってたるみが起こります。皮膚がたるむと毛穴もたるんできます

皮膚の保護機能は、30代頃から衰えてくるといわれていますが、それに伴って肌も乾燥しやすくなります。乾燥はしわの原因になります。

長年浴び続けてきた紫外線の影響も出始め、しみが目立つようになってきますし、肌のターンオーバーが乱れたり、血行が悪くなることによってくすみが起こり、表情も暗く見えてしまうなど、30代はさまざまな肌トラブルが出始める年代でもあります。

30代でやるべき、たるみ、しわ、くすみ、しみ対策

以下では、30代で行うべき対策やスキンケアについて紹介しています。

たるみ対策

たるみの原因は、真皮を支えている繊維成分、コラーゲンやエラスチンの減少によるものです。加齢に伴い、紫外線の影響が蓄積され、これらの成分は減少していきます。

そのため、日ごろから紫外線対策を行うようにしたり、コラーゲンの原料となるアミノ酸やビタミンCを摂取するのがおすすめです。

また、筋肉の低下には、筋肉を上に持ち上げるような顔のマッサージを。顔の筋肉を大きく動かすエクササイズなども有効です。大きな口を開けて「あ、い、う、え、お」と発声するなど、意識的に表情筋を使うようにしましょう。

しわ対策

しわは原因によって呼び方もさまざまで、紫外線じわ、乾燥じわ、表情じわ、筋肉老化じわ、痩せじわ、スキンケアじわ、などと呼ばれることもあります。

特に、日常生活で注意したいのは、紫外線じわと乾燥じわです。

紫外線じわでは、日傘を差したり、帽子・サングラスの着用や、日焼け止めを塗るなどの対策が有効。

また、乾燥じわ対策としては、化粧水や乳液をこまめに使用し、肌を乾燥から守ってあげることが大切です。保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸を多く含んだスキンケア化粧品を使用するのがおすすめ。週に1~2回は、保湿効果の高いパックなどを使ってみるのも良いでしょう。

くすみ対策

くすみの主な原因は、紫外線と乾燥。紫外線を浴びた肌は、自己防衛作用でメラニンが生成されます。このメラニンがくすみとなって、肌の表面に現れるので、しっかりと紫外線対策を行いましょう。また、しわ対策で紹介したスキンケアでの保湿も忘れないようにしてください。

しみ対策

くすみ同様、しみの主な原因は紫外線です。日焼け止めでのしみ対策は有効ですが、成分によっては効果が異なるので注意しましょう。

成分構成に表記されているSPFの数値が高く、PAの「+」の数が多いほど、紫外線カット効果は高くなります。ただし、あまり成分の強すぎる日焼け止めを毎日使用すると、肌質によっては荒れてしまうことも。通勤や買い物などで外出する時間が短い場合は、SPFとPAの値が低いものを使用するようにしましょう。

スキンケアでは、美白化粧品、または美白成分を配合した化粧品を使用するのがおすすめです。これらの化粧品には、「メラニンを作らせないように働く美白成分」と、「すでに出来てしまったしみを薄くする作用がある美白成分」を配合したものがあります。肌トラブルに合わせてうまく使い分け、しっかりケアしていきましょう。

この記事の関連のページ

pagetop