すっぴん美人になる方法~すっぴん美肌の作り方~
すっぴん美人になる方法~すっぴん美肌の作り方~ » 年代別 あなたが目指すべきすっぴん美人は? » 20代のすっぴんスキンケア

20代のすっぴんスキンケア

肌にハリもあり、トラブルも少ない20代。まだまだ若いからと油断せず、将来のためにも、20代のうちからしっかりとしたケアをして、すっぴん美人を目指しましょう。

すっぴん肌のために20代でのケアが重要な理由

20代代表さとみさん

まだまだ皮脂の分泌が盛んな20代。テカリやべたつきが気になるからと、過剰に皮脂のケアをしている人も多いようです。たとえば、化粧水や乳液はさっぱりタイプのものを使ったり、べたつくからといって乳液を使わなかったり…。けれども、そうしたスキンケアによって、肌の乾燥が進んでしまうこともあるので注意しましょう。

乾燥は、しわ、しみ、くすみなどの原因になります。20代の頃の間違ったスキンケアが、30代、40代の肌トラブルへとつながってしまいますから、20代のうちにきちんとしたスキンケアをすることが大切です。

肌がべたついたり、ニキビが多いなど、一見、皮脂が多いように見えても、肌の内部が乾燥している場合もあります。

これは、「脂性乾燥肌」と呼ばれるタイプで、皮脂の分泌量は多いのに、肌の内部が水分不足の状態。余分な皮脂を取り除くことに力を入れてしまい、しっかり潤いを与えてあげないと、肌は乾燥を防ごうとしてますます皮脂の分泌量を増やそうとします。さらに、水分不足によって肌のキメが乱れたり、毛穴が開いたり、肌のバリア機能が低下してしまいます。

洗浄力の高いクレンジングや洗顔料を避け、洗顔後はしっかりと保湿することを心がけましょう。

20代でやっておきたい紫外線対策と美白

以下では、しみ・しわ・くすみなどを防ぐために、20代でやっておきたい対策&ケア方法について紹介しています。

紫外線対策

20代はまだまだしみやしわが少ないですが、紫外線対策は万全に。

紫外線が最も多い季節は、海水浴シーズンの7月や8月ではなく、実は5月。1日の中では10:00~15:00が最も紫外線の多い時間帯となります。

紫外線が多いとはいっても、20代は肌の回復力が早いので、紫外線の影響はすぐには現れません。しかし、その影響は知らずしらずのうちに、肌へ確実に蓄積されています。それが30代、40代になった時、肌に現れてくるのです。

そのため、後々のことを考えて、今から完璧な紫外線対策を行っておきましょう。

紫外線対策の方法としては、日傘の使用や帽子の着用などがおすすめです。これらには一定の紫外線カット効果があります。また、成分によって効果は異なりますが、日焼け止めにも紫外線をカットする効果が期待されます。

市販の日焼け止めには、SPFとPAという基準が表記されています。

SPFの後ろには、30や40などの数値が記載されていますが、値が大きくなればなるほど、紫外線カット効果の時間が長くなっていきます。

また、PAのあとには+、++、などの表記がありますが、この+の数が多いほど、紫外線カット効果が強くなります。

美白とエイジングケア

美白やエイジングケアも、20代から始めるのがおすすめです。

若い頃から不十分なケアを行い、それが蓄積されると、30代、40代になった時にくすみやしわが現れます。対策を始めた時期が早ければ早いほど、将来のしみ・しわが少なくなります。

美白やエイジングケアの基本は、紫外線対策から。対策をしっかりと行い、紫外線の蓄積を防ぎましょう。

また、エイジングケアでは、クレンジングや洗顔の際に、顔をこすりすぎないようにすることが重要。肌の老化(エイジング)の主な原因の1つに、摩擦があります。摩擦を防ぐために、洗顔時は液体をよく泡立て、顔を優しく包み込むように洗います。皮膚の乾燥は老化に繋がるため、その後は化粧水や乳液でしっかり保湿してください。

ちなみに、エイジングケア化粧品は、推奨される使用年齢の記載がないものがほとんど。メーカーに問い合わせても、大半の場合、「全年齢対象」という答えが返ってきます。エイジングケア化粧品は年配者だけのものではないので、早めに使っておいて損はないですよ。

この記事の関連のページ

pagetop